至誠一貫(自尊・自恃・自制)

校長よりPrincipal

校長あいさつ


校長 挨拶


校長肖像

広島県立尾道北高等学校
校長 好 村  孝 則

 広島県立尾道北高等学校は,大正14年に創立され,旧制尾道中学校を前身とし,本年で90周年を迎える伝統校です。卒業生も2万1千名を超え,地元尾道はもとより県内・国内外において,各界各層で活躍する人材を数多く輩出しています。

 本校の校是は「至誠一貫」です。この校是は旧制尾道中学の初代吉本佐吉校長が定められたもので,至誠とはまごころであり真面目であり良心を意味します。青春時代は心の動揺し易い時期ですが,また志望・目的・決心を定める大切な時期でもあり,至誠一貫を以ってするならば,必ずや志望や目的が達成されるという教えです。創立以来90年経ても,この「至誠一貫」の精神は生徒に脈々と受け継がれており,高い志を持ち,真剣に勉学や部活動・生徒会活動に打ち込む姿が校内に満ち溢れています。
 本校は広島県教育委員会より平成15年度から進学指導拠点校の指定を受け,生徒に高い進路目標を持たせ,質の高い授業を通し,生徒一人ひとりの能力を最大限に伸ばす教育を推進してきました。さらに,これまでの成果を土台とし,平成21年度からはトップリーダーハイスクールの指定を受け取り組みを進めてまいりました。

 平成27年度,本校は県教育委員会の新規事業である「高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト」の「『学びの変革』パイロットスクール」のうち「探究コアスクール」の指定を受けました。今後は探究コアスクール校として,新しい時代を拓く知性と行動力,豊かな心とリーダーシップを持った生徒を育成していきます。そして,地域社会から信頼され期待に応える,清新で活気ある教育活動を行ってまいります。

 今後とも,本校教育に対しまして,皆さまの温かいご支援とご協力をよろしくお願いします。



pagetop