至誠一貫(自尊・自恃・自制)

フォトニュースPhoto News

3学年宿泊研修


令和3年4月22日(木)~23日(金)


 73期生3年生は4月22日(木)・23日(金)の2日間の日程で,高知県にて宿泊研修を行いました。 この学年は昨年度海外への修学旅行へ行く予定でしたが,新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い,修学旅行が中止になりました。 このため,例年行っている遠足を拡大し,1泊の宿泊研修を行いました。
 1日目は朝からバスで高知県に向かいました。まずは高知県の名物であるカツオのわら焼きを体験し,昼食としました。生徒は講師の方に習いながらカツオをわらで焼き,自分たちで造りました。【写真1~4】
 午後は「ホエールウォッチング」・「四万十カヌー体験」・「四万十サイクリング体験」・「ヒノキのバラづくり・四万十遊覧船」の中から生徒が希望した体験活動を行いました。 「ホエールウォッチング」ではクジラを見ることはできませんでしたが,30匹を超えるイルカの群れが船を並走する姿を見ることができました。 「四万十カヌー体験」では,一人乗りのカヌーにそれぞれ乗って,悪戦苦闘しながら四万十川を2kmほどを自分で漕いで下りました。 「四万十サイクリング体験」では四万十川に並走するように約17kmの道のりを自転車で走行しました。最初は17kmという距離にびっくりしていましたが, 長江坂で鍛えられた北高生は難なく走破しました。「ヒノキのバラづくり・四万十遊覧船」では講師の方に習いながら,薄く削られたヒノキを巻いていくことで,綺麗なバラを作ることができました。 その後は遊覧船に乗り,四万十川の風景を満喫しました。【写真5~12】
 2日目はクラスごとに希望を取り,「龍河洞」と「坂本龍馬記念館・桂浜」に分かれて観光を行いました。「龍河洞」は全長4kmにわたる日本3大鍾乳洞の一つです。生徒はアップダウンが激しく, 人一人がやっと通れるような狭い通路を悪戦苦闘しながら進みました。また鍾乳洞の出口付近では,人類の歴史をプロジェクションマッピングで投影され,その迫力に圧倒されました。 「坂本龍馬記念館・桂浜」では坂本龍馬に関する資料や龍馬が行った偉業を分かりやすく示してありました。教科書に出てくるような龍馬の写真や龍馬が書いた書簡など貴重な資料を見ることができました。 また,桂浜では生徒は竜王岬に行ったり,浜辺に行ったりとそれぞれが散策を楽しみました。【写真13~16】
 昼には全クラス「ひろめ市場」に集合しました。「ひろめ市場」では高知の郷土料理を味わうことができたり,名産・特産品を買うことができます。そこで生徒は各自で昼食を取り,お土産を買ったり, 市場の外の商店街を散策したりと,それぞれに楽しみました。その後,全員無事にバスで尾道北高に帰ってきました。【写真17~18】

カツオのわら焼き体験①
カツオのわら焼き体験②
カツオのわら焼き体験③
カツオのわら焼き体験④
ホエールウォッチング①
ホエールウォッチング②
四万十カヌー体験①
四万十カヌー体験②
四万十サイクリング体験①
四万十サイクリング体験②
ヒノキのバラづくり
四万十遊覧船
龍河洞①
龍河洞②
坂本竜馬記念館
桂浜
ひろめ市場①
ひろめ市場②

pagetop