至誠一貫(自尊・自恃・自制)

フォトニュースPhoto News

「学びの変革」ICT活用推進プロジェクト事業


平成30年1月16日(火)


​ 広島県教育委員会委員(教育長職務代理者) 細川喜一郎様, 学校経営支援課長 山本聖典様, 学校経営支援課情報化推進係長 竹森潤一様, 高校教育指導課 指導主事 平山成樹様, 秘書広報室教育広報係主事 松岡陽平様 が本校を訪問され,「学びの変革」ICT活用推進プロジェクト事業の取組を視察されました。



 まず,iPadを活用した数学の授業を参観いただきました。その後,本校が進めるICT活用による「学びの変革」の取組についてご意見をいただきました。



視察いただいた皆様からいただいたご意見

・授業では,学習への意欲が非常に高く,ICTの活用の成果が現れていた。

・授業以外でも,家庭学習課題のチェックなどに活用できないか。そうすれば生徒が自ら課題を見つけて学習を進められるのではないか。

・画像を見せることで説明しやすく,理解が深まる。一方で,プリントアウトした方が頭に入るものもあり,アナログとデジタルの融合・バランスをとることも必要である。

・iPadがインターネットにつながっており,さらに詳しく調べているグループがあり,深い学びにつながっている。

・授業する教師の立場で,授業づくりの幅が広がる。

・学習履歴を残して,言語化しておくとよい。

・モデル校どうしや教育センターとの間で,活用方法やアプリを紹介するなど協力して取組をすすめるとよいのではないか。

・ICTの活用が尾道北高校の「学びの変革」の取組につながっている。

・生徒が失敗することで,試行錯誤しながら,深い学びへとつながっている。

・あらゆる可能性を,生徒が主体的に調べる姿が見られた。



pagetop